2008
プラットフォーム
Xbox 360, PS3
エンジン
Frostbite 1.0

「バトルフィールド:バッドカンパニー」では一から作り上げられた新ゲームエンジン「Frostbite」が使用され、ほぼすべての物が破壊可能な世界でシリーズのトレードマークであるサンドボックス式ゲームプレイが繰り広げられる。 常に変化し続ける戦場が、プレイヤーにチームメイトに敵に、即座の適応を迫り、破壊を戦略的に使いこなすセンスを問いかける。

バトルフィールドをさらに多くのファンに楽しんでもらえるよう、このタイトルを最後にして、以降は真のマルチプラットフォーム・リリースを目指した開発が行われるようになった。