Battlefield 1 / 10.10.2017
「バトルフィールド 1」の今後の展開:拡張パックと生誕祭
「バトルフィールド 1 Turning Tides」、生誕祭、オペレーション・キャンペーンなどいろいろ

先日のバトルフェストはいかがでしたか?「バトルフィールド 1 In the Name of the Tsar」拡張パックで東部戦線をお楽しみいただけたなら幸いです。

「バトルフィールド 1」ではさらに多くの展開が待ち構えています。近いところでは、拡張パック第3弾、ゲーム内イベント、アップデート、そして新たな祭典です。以下で今後の詳細をご確認ください。

バトルフィールド 1 Turning Tides」に備えよ!
来たる12月、「バトルフィールド 1」拡張パック第3弾「バトルフィールド 1 Turning Tides」で陸・海・空の制覇が可能になります。この拡張パックでは海戦がテーマとなり、命知らずのゼーブルッヘ襲撃、ガリポリ上陸作戦などを戦い、プレイ可能な新勢力としてイギリス海兵隊が登場します。第一次世界大戦の水陸両用作戦を舞台にした、新マップ、新武器、新ビークル、その他のコンテンツの追加にご期待ください。

バトルフィールド 1 Turning Tides」とその他の拡張パックの詳細をチェック

バトルフィールド 生誕祭イベント
今後の展開に目を向けながらも、「バトルフィールド」の原点を振り返る時がきました。「バトルフィールド 1」の発売1周年のみならず、今年は「バトルフィールド」シリーズそのものが15周年を迎えます。そこでコミュニティーの皆さんとともに、このダブルの生誕祭を盛大にお祝いしたと思います。

10月12日から10月16日に「バトルフィールド 1」にログインして、「バトルフィールド 1」1周年記念のスペシャルイベントやプレゼントをお楽しみください。 各アニバーサリー・ドッグタグをアンロックして身に着けましょう!(日本での開催日時は異なる場合があります。)

オペレーション・キャンペーンが11月に登場
11月の頭に、ファン人気のゲームモード「オペレーション」をさらに壮大にした新モードが導入されます。「オペレーション・キャンペーン」と名付けられたこのモードでは、複数のオペレーションが組み合わされ、攻撃側と防衛側に分かれた前線をめぐる戦いがさらに広がりを増すと同時に、専用の報酬を受け取ることができます。

オペレーション・キャンペーンの第1弾は「東部戦線と突撃戦術」。このキャンペーンでは、「バトルフィールド 1 In the Name of the Tsar」の「ブルシーロフ攻勢」と「赤き津波」が組み合わされます。同キャンペーンは「バトルフィールド 1 Premium Pass」のオーナー(または、「バトルフィールド 1 In the Name of the Tsar」単体のオーナー)でプレイ可能です。

そして11月後半には、「鉄の壁」と「地獄の制圧」による「滅びゆく帝国たち」が追加されます。上記2つのほかにも、さらに多くのキャンペーンがやってきます。

各オペレーション・キャンペーンは、アクティブな期間中に必要ポイントを獲得することでクリアできます。クリアしたキャンペーンにより、特別なバトルパックを受け取ることができます。また、オペレーション・キャンペーンの初回勝利後に、オペレーション・キャンペーンのコーデックスもアンロックされます。アクティブ期間中に、オペレーション・キャンペーンをできるだけの回数クリアしてみてください。

鋭いプレイヤーの皆さんであれば、オペレーション・キャンペーンの導入が10月から11月にずれ込んだことにお気づきかもしれません。これはモードをさらに調整し、ベストの体験を生み出すための措置となります。どうぞご理解ください。

10月のアップデートでの各種修正
「バトルフィールド 1」の毎月のアップデートの一環として、まもなく10月のアップデートが配信されます。各種のゲームプレイ改善、新ドッグタグ、新ゲームプレイ設定などを導入予定です。

アップデートの全詳細は、アップデートページで確認できます。

以上、今後の展開についてご覧いただきありがとうございました。「バトルフィールド 1」 の一周年をともに祝ってくださるファンの皆さんに心からの感謝を!そして、「バトルフィールド」の新たな実りある一年にご期待ください!