Battlefield 1 / 09.20.2017
バトルフィールドの競技プレイ体験に向けたビジョン
「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファの目指す先

Gamescomで発表された「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファではバトルフィールド“らしい”競技プレイが追及されます。この新しい体験の目標と、DICEの目指す方向性についてプロデューサーDavid Sirlandがご説明します。

バトルフィールドの競技プレイ体験は現在も開発中で仕様の調整が続けられていますが、私たちは明確な方針をもって開発を進めています。それは、「あらゆるスキルレベルを対象にした緊密なチーム戦体験もたらす」をことです。「はじめるのは簡単、極めるのは困難」という使い古された言い回しがありますが、文字通りそんな体験の実現を目指しています。5人チーム同士の激突。知略、戦略を極めたプレイヤーこそが最後に勝利し、同時に全員が試合を楽しめる。これが私たちの思い描く理想です。

バトルフィールドらしい競技プレイ
バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファに一度触れていただければ、バトルフィールドらしさを忘れないことが重要な開発方針となっていることがすぐに分かるでしょう。具体的には次の3点です。個性的な兵科を活かしてチームに貢献する。ビークルが登場する。破壊を戦術的に利用できる。そして、「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファの5対5マッチで体験するのは、コンパクトなスケールであっても、大戦の最中を舞台にし、上記の要素をふまえた戦場です。

観戦にもプレイにも負けない興奮を
ドラマチックな展開と華々しい勝利。私たちはこの競技プレイでのマッチを、バトルフィールド らしい印象に残る瞬間であふれたものにしたいと考えています。戦場で戦うチームだけでなく、見る側にとっても熱くなれる体験としたいのです。また、世界中のファンに向けてマッチを配信する人々に対してもベストなサポートを行っていきたいと考えています。

高度なサポートとデータ公開
私たちはバトルフィールドの競技プレイに参加される皆さんに、皆さんがプレイに注ぐ情熱に負けないサポートを提供したいと考えています。皆さんがプレイに捧げる一刻一刻が私たちにとって貴重なものであり、だからこそ高度なサポートが重要になります。積み重ねたプレイ経験が財産となるのです。

また、私たちは「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファで収集される統計データや試合結果データをコミュニティーからアクセス可能にしたいという大胆な目標を持っています。API経由でプレイに関するデータを公開することで、プレイヤーや外部の開発者において、さらに高度な体験を生み出すことが可能になります。プレイヤーや配信者、イベント主催者などのニーズを満たすことがその目標です。

まもなく限定クローズドアルファを開催
まもなく、選ばれたプレイヤーを皮切りに、「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファでバトルフィールドの競技プレイが体験可能になります。このクローズドアルファでは、コンパクト化されたGiant’s Shadowマップで対戦することができます。登場するビークルは軽戦車と装甲車です。

なお、「バトルフィールド 1 Incursions」の機能やコンテンツ、システムは、クローズドアルファから最終版に向けて変更されていく可能性があります。 

そして今回のアルファに参加できなかった場合でも、今後、さらに競技プレイを体験できるチャンスがやってきます。コミュニティーにおけるクローズドアルファのライブ配信やゲームプレイ動画も通しても、どんな体験が形作られようとしているのかご覧いただけるはずです。

さらに詳しく知りたい場合は… 「バトルフィールド 1 Incursions」のページをご覧ください

それでは、今後の「バトルフィールド 1 Incursions」クローズドアルファの情報更新にご期待ください。バトルフィールド 1 Incursions」のRedditフォーラムで皆さんからのフィードバックやコミュニケーションへの参加もお待ちしています。

競技プレイの戦場でまたお会いましょう!

David "t1gge" Sirland、プロデューサー