「バトルフィールド 1 Turning Tides」 – ガリポリ・パッチノート

「バトルフィールド 1 Turning Tides」の第1波ではガリポリ作戦が導入されます。 オスマン帝国軍または連合国軍の一員となってへレス岬の海岸を駆け上がり、アチババの戦略拠点の確保に挑んでください。 新武器と、強力なL級駆逐艦で敵に有利を確保しましょう。 ガリポリ作戦は、近代史における初の大規模な水陸両用作戦でした。

「バトルフィールド 1 Turning Tides」ガリポリ・コンテンツでは、新マップ、新武器が追加されるほか、「バトルフィールド 1」に各種修正が行われます。 ぜひこの新コンテンツ(※)をお楽しみください。1月には第2波がやってきます。

新コンテンツ

「バトルフィールド 1 Turning Tides」第1波のリリースに伴い、「バトルフィールド 1 Premium Pass」(※)オーナーと「バトルフィールド 1 Turning Tides」拡張パック単体オーナー向けに多数の新コンテンツが配信されます。

「バトルフィールド 1 Premium Pass」オーナーと「バトルフィールド 1 Revolution」オーナーは、「バトルフィールド 1 Turning Tides」で2週間の先行アクセスを利用可能です。 「バトルフィールド 1 Turning Tides」アップデートはオンラインでプレイする全「バトルフィールド 1」プレイヤー向けの必須ダウンロードとなります。 これにより、まだ拡張パックを持っていないプレイヤーも観戦モードで「バトルフィールド 1 Turning Tides」のマッチを観戦できるようになり、「バトルフィールド 1」Premiumトライアルや「バトルフィールド 1」Premium Friendが有効であれば新マップを体験できるようになります。

新マップ:CAPE HELLES

ガリポリ半島上陸作戦を体験。 連合国軍が陸・海・空よりV海岸へと侵攻する一方、砂浜と奥の岩場が交わるスロープには、オスマン軍の塹壕と固定兵器の数々が待ち受けています。 上陸艇やボートの残骸が第3砦を目指す兵士たちの身を守る遮蔽物となるでしょう。 海岸を登り切った付近には、古い漁村があり、オスマン軍の予備隊の仮兵舎となっています。この場所は。戦略的優位をもたらす141高地と合わせて、防衛戦闘の拠点として機能します。

新マップ:ACHI BABA

ダーダネルス海峡をめぐり激化する戦闘を象徴した、歩兵専用の激しい戦闘を体験できるマップです。 段丘上の傾斜地には、塹壕や退避壕が用意され、仮設兵舎が砦に沿って点在します。 尾根や切り込まれた谷間が迂回路として機能しますが、その狭い通路は近距離での戦闘が起きやすくなります 崩れかけた歴史ある壁面の中を戦い、クリティアを目指してください。

新オペレーション:ガリポリ

へレス岬での上陸作戦の最中、陸・海・空を股にかけ敵との戦いを繰り広げてください。 連合国軍は荒れた海に浮かぶSSリバー・クライド号から進撃を果たし、セド・エル・バールの高地を目指します。 防衛側は塹壕線に陣取り、そこに配置された固定武器や海岸の砲台を使い、敵を迎え撃ちます。 攻撃側には新しいL級駆逐艦が配置され、火力を補います。 作戦の成功が危ぶまれる場合、攻撃側はさらにドレットノートの支援を受けることができるでしょう。

アチババへと進んだ連合国軍は、複雑な洞窟や谷間を抜け、重要な戦略拠点であるクリティアを目指します。 敵の側面を突いて優位を確保し、潜入兵で前線の後方に回り込んで、ヘリオグラフを用いた野戦出撃地点を設置して勝利を確実なものとしましょう。

新ゲームモード:コンクエストアサルト

コンクエストの新バリエーションとなるこのモードでは、防衛側が全フラッグを所有した状態でマッチが開始されます。ただし防衛側には初期拠点がありません。 対する攻撃側は、逆に一定のポイントを持った状態でマッチを開始します。 攻撃側が全フラッグを占領すると、防衛側はフラッグをどれか取り戻すまで、分隊員からの出撃しか行えなくなります。

新しい武器

「バトルフィールド 1 Turning Tides」で追加される各銃は、新たに追加される武器任務を通してアンロックできます。 そして格闘武器には、すぐに使えるオスマン・フランジメイスと、バトルパックからのジグソーピースを集めて作成できるグラップリングフック、専用の武器任務を達成してアンロックできるネイビーカトラスが追加されます。

突撃兵

  • Maschinenpistole M1912/P.16(突撃歩兵)
    • Automatico M1918(突撃歩兵)で50キルを達成する
    • 対戦車ロケットガンでボートを5隻破壊する
  • M1917 Trench Carbine
    • サブウェポンで15キルを達成する
    • マルチキルを5回達成する

看護兵

  • Farquhar-Hill(光学照準)
    • Farquhar-Hill(突撃歩兵)でヘッドショットを15回達成する
    • 分隊命令を20回達成する
  • Farquhar-Hill(突撃歩兵)
    • M1907 SL(塹壕)で25キルを達成する
    • 1ラウンドに蘇生を10回行う

援護兵

  • M1917 MG(軽量)
    • BAR M1918(塹壕)で25キルを達成する
    • 爆発物でビークルに250ダメージを与える
  • M1917 MG(望遠)
    • M1917 MG(軽量)で50キルを達成する
    • 任意の軽機関銃で制圧ポイント1,500を達成する

偵察兵

  • Type 38 Arisaka(歩兵)
    • カウンタースナイプキルを25回達成する
    • 偵察兵でマルチキルを3回達成する
  • Carcano M91 Carbine
    • Gewehr M.95(カービン)で25キルを達成する
    • 爆発物を5個無効化する

格闘武器(兵科共通)

  • ネイビーカトラス
    • ボートに乗ったままフラッグを20回占領する
    • 泳いでいる敵を15キルする
  • グラップリングフック
    • ジグソーパズル格闘武器
  • オスマン・フランジメイス
    • 「バトルフィールド 1 Turning Tides」の全プレイヤーで最初から使用可能。

新しいビークル

新登場のL級駆逐艦で、海戦に新しい戦闘艦が導入されます。 4人が着座可能で、強力な船首砲と船尾砲、対空砲、魚雷発射管、さらにドレッドノートへの砲撃要請信号を備えています。 機雷敷設艦では、船尾席を無くす代わりに機雷による防衛を行うことができるようになります。 戦車と同じく、艦長は戦闘の合間に艦に自動リペアを施すことが可能です。

新エリート兵科

他のエリート兵科同様に、戦場でキットとして入手可能な「潜入兵」が追加されます。 潜入兵の特徴は、機動力を活かした戦略的攻撃とチーム戦術です。 潜入兵は迷彩を身に付け、ダッシュ速度の常時ボーナスと相まって、敵前線内への侵入に適しています。 携帯出撃ポイントとしてヘリオグラフを装備し、戦略的な重要地点に新しい出撃ポイントを設置することができます。これにより敵に素早く包囲を仕掛けることもできるでしょう。 戦闘においては、Martini-Henryグレネードランチャーとソードオフショットガンを使いこなします。 さらに大きなターゲットを相手取る際は、フレアガンで信号を発して、砲撃を要請することが可能です。

従軍任務

従軍任務の内容は各対応する兵科に合わせて設定されています。それぞれの兵科の本来の役割通りにプレイすることが、任務を効率よく進めるためのコツです。 任務の多くは同時進行が可能なため、より難しい任務を進めながら、同時に他の任務を達成させることが可能になります。

また、任務の達成には6つ中5つの条件を達成すればよいため、条件の中には面白い物も用意されています。 あくまで「目標第一」の線に沿ってはいますが、やや特殊な状況向けかもしれません。 他の条件の達成を進めている裏で同時に進められる内容として用意されています。

パイロット

パイロット用従軍任務は、飛行機に乗ることに集中したいプレイヤー向けです。 Max Length: 140 任務内容は、飛行中に発生しやすい状況を想定しています。 ベテランレベルの任務の一部では、さまざまな飛行機のパッケージを乗りこなすことが推奨されます。 どんな装備で出撃するか考えて、クリアの効率を高めてください。

優しき空(ベーシック) – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 航空機で自動リペアを50回行う
  • 航空機で兵士に7,500ダメージを与える
  • 巨大兵器の部位破壊を5回達成する
  • ドライバーアシストを50回達成する
  • 航空機に同乗して25キルを達成する
  • QF 1対空砲で航空機を10機撃墜する

優しき空(ベーシック)をクリアしてアンロック

優しき空(ベテラン) – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • パイロットでマルチキルを25回達成する
  • 航空機で航空機を30機撃墜する
  • パイロットでスポットフレアアシストを50回達成する
  • 爆撃機で兵士に3,000ダメージを与える
  • 攻撃機で戦車を25台破壊する
  • 航空機でロードキルを3回達成する

戦車兵

戦車兵の任務では、砲手を乗せた戦車の戦闘力にスポットが当てられています。 戦車の基本にまつわる条件に加えて、各種戦車と、その乗員席の持つ特徴をテーマにした条件も存在します。 戦車では、遮蔽物と修理をこまめに活用して継戦能力を維持し、分隊に貢献してください。

戦車と共に(ベーシック) – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 戦車で自動リペアを50回行う
  • 戦車兵でビークルに5,000ダメージを与える
  • 履帯を25回使えなくする
  • 同乗アシストを50回達成する
  • 戦車に同乗して50キルを達成する
  • 野砲で戦車を10台破壊する

戦車と共に(ベーシック)をクリアしてアンロック

戦車と共に(ベテラン) – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 戦車兵でマルチキルを25回達成する
  • 野砲を10門無力化する
  • 装甲トラックで航空機を25機撃墜する
  • 戦車兵で回復を100回行う
  • 重戦車で50キルを達成する
  • 戦車で敵エリート兵をキルする

突撃兵

突撃兵の任務は火と爆発物の扱いにフォーカスしています。 突撃兵は敵装甲車両撃破の要となります。対車両戦闘に集中することで、各条件の達成を同時に目指すことができるでしょう。

花火師 – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 突撃兵でマルチキルを25回達成する
  • 対戦車グレネードでビークルに1,000ダメージを与える
  • 爆発物で50キルを達成
  • 対戦車ロケットガンで25キルを達成する
  • 軽量対戦車グレネードでビークルに500ダメージを与える
  • 火炎放射器兵エリート兵科で兵士に3,000ダメージを与える

看護兵

看護兵の任務の主体は言うまでもなく回復と蘇生です。 ビークルへのダメージを扱った条件もありますが、任務は6つ中5つの条件達成でクリアできます。ライフルグレネードを使わないのであれば、この条件は無視しても構いません。 また要求されるダメージも低く、看護兵でも状況に応じてビークルを攻撃可能なことを示すための任務となっています(リストを見てわかる通り、条件にビークルの無力化や破壊は一切ありません)。 最後の条件は難しいと感じる方もいるかもしれませんが、この達成を目指すことで、一つ目の条件も進められることにご注目ください。

薬剤師 – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 蘇生を100回行う
  • 回復を400回行う
  • 分隊回復を50回行う
  • ライフルグレネード(榴弾)でビークルに300ダメージを与える
  • 看護兵で兵士に6,000ダメージを与える
  • 死なずに蘇生を10回行う

援護兵

援護兵の任務は「バトルフィールド 4」の工兵をオマージュした内容です。 ビークルの破壊、修理、使用がテーマになっています。 援護兵はビークルの運用で柔軟な力を発揮します。ただし、自身だけでビークルを相手取る能力には乏しいので、ほとんどの条件では、ビークルの破壊ではなくビークルへのダメージが求められています。 最後の条件ではビークルの破壊が必要ですが、達成は必須ではありません。 他の条件を達成する中で達成できる可能性があるのと、ゲーム的にやりがいのあるチャレンジになるでしょう。

工兵 – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • ビークルで25キルを達成する
  • ビークルに乗ったままフラッグを25回占領する
  • リムペット爆弾でビークルに1,500ダメージを与える
  • クロスボウランチャーでビークルに500ダメージを与える
  • リペアツールでビークルに200ダメージを与える
  • 援護兵で死なずにビークルを2台破壊する

偵察兵

偵察兵の任務では長距離戦の能力にスポットライトが当てられています。 K弾を使った条件では、対ビークルの主力ではなく、支援用の武器という位置づけを反映して、ビークル破壊ではなく与えるダメージが条件となっています。 また、狙撃をメインにする偵察兵にとって、デコイは役に立つツールで、上手い場所に設置することで、高い効果を発揮します。 最後の条件では、今回の上陸作戦を扱った拡張パックで、ボートで海岸を目指す敵の不意を突きましょう。

監視者 – 条件の5/6をクリアして報酬を獲得

  • 1ラウンドに偵察兵で兵士に2,000ダメージを与える
  • K弾でビークルに400ダメージを与える
  • デコイを15回破壊される
  • 偵察兵でスポットフレアアシストを300回達成する
  • シングルアクションライフルでボートに乗った敵を10キルする
  • 対戦車兵エリート兵で25キルを達成する
専門技能 機能・特徴 ポイント 略奪者 格闘キルすると、敵がその兵科に基づく役に立つアイテムを落とす: 突撃兵→対戦車地雷3個, 看護兵→包帯ポーチ3個, 援護兵→弾薬ポーチ3個, 偵察兵→スポットフレア1個 この技能では、前線で白兵戦を行う突撃兵がチームにより貢献できるようになります。 銃剣突撃を含めた格闘攻撃で、チームの前進力を維持するためのリソースを確保することができます。 助け合い 味方の回復を行うごとに自分も12.5ライフ回復される(最大1秒間に1回) 看護兵の回復能力をさらに柔軟に使えるようになります。 自分の回復にガジェットを消費する代わりに、他の味方を回復して自分も回復することができるようになります。 工兵の意地 リペアツールを手に持っていると、歩きが25%速くなり(ダッシュ速度はそのまま)、爆発ダメージ耐性が20%上昇する 味方のビークルの修理にリペアツールを使用する援護兵の機動力を高め、さらにその生存能力を高めます。 反響効果 シングルアクションライフルでヘッドショットに成功すると、次にスポットした相手が枠線表示される 偵察兵は、大規模な戦闘でチームに貢献できるツールに乏しい面がありました。 このスポット力の強化により、チームの敵捕捉を支援して貢献を果たすことができます。 雲の盾 自分の飛行機がスポットされている時間が12秒から6秒に短縮される スポットで位置を捕捉される時間を短くすることで、飛行機の生存能力が高まります。 安全脱出 操縦中の飛行機から味方が降りる際にスポットフレアが追随する 空から降下する味方が、落下地点の状況を素早く把握できるようになります。 緊急カバー 戦車が無力化された際に自動的に煙幕が焚かれる(クールダウン45秒) 無力化時に煙幕を焚くことで、戦車の生存能力がやや高まります。 車両部隊 操縦士として自動リペアを行うと、半径10m以内の他のビークルも1秒間に2ライフずつ修理される この技能は、地上車両が一緒に行動するメリットを高めます。

その他のアップデート

アンロック関連

  • 武器任務で進行度がパーセントで表示されるように変更
  • サプライドロップで確保を行った際に、間違ったメダルのアンロックが進行することがある問題を修正
  • 狙撃手用シールドの裏に伏せた状態でキルアシストを達成した場合も、「優れた目利き」従軍任務のキルとカウントされるように変更
  • オペレーションの撤退行動中に自分やチームメイトをキルすることで、「撤退兵キル」スコアボーナスを入手できないように修正

UI & HUD

  • 「ビデオ」の設定に、ポストエフェクトの「レンズの歪み効果」をオフにできる設定を追加
  • ネットワークパフォーマンスグラフの表示を、非表示、常に表示、ネットワークの問題が発生している時のみ表示の3つから選べるように設定を追加
  • 観戦モードのテーブルトップ視点 - 目標/プレイヤー/フリーカメラのアイコンが画面の端に移動するように配置を更新
  • 泳いでいる間、使用できないのに「サブウェポンへの切り替え」のツールチップが表示された問題を修正
  • オペレーションで、ラウンド終了画面とゲーム中のスコアボードでスコアが異なることがあった問題を修正
  • オペレーションのラウンド終了画面で、スコア倍率が正しく表示されていなかった問題を修正

武器、ビークル、ガジェット

  • ダイナマイトが水中でも使用できるように変更。ロウで防水加工がなされています
  • 一部のプレイヤーでガスの雲のVFXが表示されなかった問題を修正
  • 通過中に橋が破壊された場合、ビークルが宙に浮いてしまうことがあった問題を修正
  • Yライター揚陸艇の機銃手が、エイム時に正しく着弾マーカーを確認できなかった問題を修正
  • ビークルの出現時に、近くに設置されていた対戦車地雷やダイナマイトなどの爆発物が自動的に消去されるように変更
  • M.A.S.魚雷艇とYライター揚陸艇で対空砲の爆発を引き起こせないように修正
  • M.A.S.魚雷艇とYライター揚陸艇の艇長が自動リペアを使用できるように変更
  • 輸送車両が使用中に消えてしまうことがあった問題を修正
  • Model 1900ショットガンの銃剣突撃のペナルティを改善
  • Model 1900ショットガンの拡散率と反動を改善
  • 銃剣突撃をキャンセル後に銃剣突撃の効果音が聞こえ続けることがあった問題を修正
  • 残弾数0でK弾に切り替えることができた問題を修正
  • リロード中に銃を撃つことができた問題を修正
  • 305/52 O沿岸砲によるビークルと巨大兵器に対するダメージを大幅に引き上げ
  • 要塞砲、沿岸砲台に、野砲、対空砲、沿岸砲と同じ無力化と修理のシステムを導入。 これによりライフが50%になると無力化され、完全に修理することでふたたび使用可能になります。
  • 305/52 O沿岸砲のリロードUIがプレイヤーが乗り込んだ後の初回で更新されない問題を修正
  • 焼夷弾が炎上中にエイムアシストをブロックするように変更
  • 偵察兵が、各ワイヤートラップ爆弾種(ガス、HE、焼夷)を2個ずつ設置できるように変更
  • グレネード投擲後にMosin-Nagant M91の射撃が遅くなる問題を修正
  • Mosin-Nagant M91のチャンバー変更とアイアンサイトの調整後にスコープが振動する問題を修正
  • Mosin-Nagant M91(マークスマン)でK弾に切り替える際のディレイを改善

マップとモード

  • オペレーションのイントロムービー中に出撃画面が描画されて、プレイヤーがゲームから退出させられてしまう問題を修正

全般

  • 照準アシストによるズーム時の照準の吸い付きが、より違和感のないものとなるように改善
  • ダッシュスライドの抜け穴が使えなくなるようプレイヤーの動きを調整
  • 兵士の移動の加速が、ティックレート(Tickrate)に合わせて補正されていなかったため、30Hz、60Hz、120Hzで加速が異なっていた問題を修正。
  • ティックレートの補正後に兵士の移動操作の反応性が維持されるよう、兵士の加速を調整。
  • 3人称視点で、ほふく状態の兵士のほふくの効果音が正しく再生されないことがあった問題を修正
  • 各種砲弾の接近音が聞こえないことがあった問題を修正
  • 3人称視点で、しゃがみ、伏せでの兵士の移動効果音の音量が小さくなるように調整
  • 泳ぎの効果音が再生され続けた問題を修正
  • 水への飛び込み、水の中でのジャンプの効果音を追加
  • 弾薬箱と医療品箱の効果半径を3.5mから7mに拡大。 これにより狭い範囲に固まらなくても効果を受けられるようになります
  • 騎兵の自然回復の開始を通常の兵士と同じまで高速化。こまめに馬を降りて、包帯ポーチで回復を図る必要がなくなります
  • 「警戒線」技能で、ワイヤートラップ爆弾の起爆時に半径10m以内の敵を分隊スポットできるように機能を調整
  • 一部のエリート兵科キットの自然回復が、通常の兵士の値となっており、想定通りではなかった問題を修正
  • フラッシュフレアが近くにいる敵に制圧効果を与えるように変更。 敵の戦闘力の弱体化を強化した形となります
  • 「興奮剤注射器」の技能で蘇生された兵士がダッシュのブーストを受けていなかった問題を修正
  • 静止中および空中の兵士が足音を発生させる可能性があった問題を修正
  • 複数のプレイヤーが同じ場所を出撃先に選んだ場合の出撃地点の予約システムを改善
  • 「ベーシックバトル」カスタムゲームでは分隊長からのみ出撃可能に変更
  • 離れた場所での大規模な水の爆発が、より見えやすくなるように変更
  • 水中ではないのに、水中の効果音が水中の音声加工を伴って聞こえる問題を修正